MuleSoft Certified Platform Architect - Level 1 (MuleSoft 認定プラットフォームアーキテクト Level 1, MCPA)

  • 2 hours
  • Virtual

まとめ

2024年5月6日より、MuleSoftの認定プログラムはSalesforceの認定プログラムに移行され、Webassessorを通じて利用可能となります。詳細については、FAQをご覧ください。

2024年2月14日より、メンテナンス試験は提供されなくなります。2024年1月1日時点で有効な認定がある場合、その認定は2024年まで有効です。認定ステータスを維持するためにメンテナンス試験を受ける必要はありません。メンテナンスに関する詳細は2025年に共有されます。

MuleSoft 認定プラットフォームアーキテクト (MCPA) は、組織の Anypoint Platform 戦略を定義し、その責任を負うことができます。MCPA - Level 1 試験は、アーキテクトが、Anypoint Platform を使用し API 主導の接続性 (API-led Connectivity) のアプローチを使用して、個々の統合ソリューションから効果的なアプリケーションネットワークを出現させるために必要な知識と技能を有していることを認定します。認定者は、以下のことができます。

  • ビジネス、インフラストラクチャ、情報セキュリティ、その他のチームと協力し、特定の組織の文脈における Anypoint Platform のデプロイメントを最適化する。
  • 組織内の他のツールやアプリケーションと組み合わせてAnypoint Platform を使用する方法を定義する。
  • Anypoint Platform の使用方法と、プラットフォームが持続可能であるために必要な対応する組織やプロセスの変更を定義する。
  • 拡張され複数の業務部門 (LoB) で採用されるために必要な標準 (スタンダード)、再利用可能なアセット (資産)、および自動化の作成を指導し、推進する。

 

フォーマット

  • 形式: 多肢選択問題、持ち込み禁止、試験監督あり、オンラインもしくはテストセンターにて受験
  • 問題数: 60 問
  • 時間: 120 分 (2時間)
  • 合格点: 正答率 70%
  • 言語: 日本語 (英語での受験も可能)

この試験は、最大 5 回まで挑戦することができます。再受験の際には、最後の試験開始時間から 24 時間空ける必要があります。

費用

2024 年 4 月 19 日までは、試験を 400 ドルで購入できます。これには1回の無料再受験が含まれます。追加の再受験(例:受験回数3~5回目)は50%オフで、無料再受験は付きません。

 

2024 年 4 月 26 日までは、インストラクター主導の 「Anypoint Platform Architecture: Application Networks (アーキテクチャ: アプリケーションネットワークス)」ースを完了すると、2 回の試験を受けることもできます。

 

資格の有効期限

この資格は合格から 2 年間有効です。資格の有効期限を延長するために、 

2024年2月14日より、メンテナンス試験は提供されなくなります。2024年1月1日時点で有効な認定がある場合、その認定は2024年まで有効です。認定ステータスを維持するためにメンテナンス試験を受ける必要はありません。メンテナンスに関する詳細は2025年に共有されます。

準備

資格試験受験の前に、インストラクターがガイドする「Anypoint Platform Architecture: Application Networks (アーキテクチャ: アプリケーションネットワークス)」コースを受講することを推奨しております。また、受験者はコースの内容を理解し、実際のプロジェクトにおいても、その知識を応用できることを想定しています。

下記は受験への準備に役立つリソースです:

トピック

この試験は、下記のタスクに関する技術と知識を持っていることを証明します。

ノート: ARC: NET は 「Anypoint Platform Architecture: Application Networks (アーキテクチャ: アプリケーションネットワークス)」コースの頭文字をとったものです。

Certification added to cart Checkout

Certification

$ 400.00

Each purchase includes one free retake of the exam.